ワキガの程度は人によって違うの?軽度・重度の目安や測り方を知ろう

  • 2018年11月16日
  • 2021年4月22日
  • ワキガ

ワキガとひと口にいっても、その程度はさまざまです。軽度から中度、重度まで、その程度によって悩みの幅も大きく異なるでしょう。

今回は、そんなワキガの程度に関する情報ををご紹介します。

ワキガのニオイの程度と目安

ワキガのニオイの程度と目安

ワキガの程度は、大きく軽度・中度・重度に分類されます。

軽度の方は汗をかいたときや食生活が乱れているときなどに、自身からニオイが発生していると気づきやすくなります。

しかし、市販のスプレーやクリームなどで対策をしっかり取っていれば周りの方にワキガだと認識されることも少ないです。

一方、中度や重度の方は、自分で注意するだけでは対策しきれないことも多いです。

ワキガ予防クリームなどを塗ったとしても1日中効果が持続しないため、頻繁に塗りなおす必要があります。

 また、中度や重度になると、汗をかいていなくても周囲の方に気づかれる場合がほとんどです。

たとえば満員電車など狭い環境で距離を置かれるような行動をとられたり、エレベーターを降りた後でもニオイが残っていたりと日常生活や人とのコミュニケーションに支障をきたすこともあるでしょう。

ワキガのニオイ強度の測り方

ワキガのセルフチェック

では、そのようなワキガの程度はどのように測ることができるのでしょうか。

こちらでは、4つの判断基準をご紹介します。

ワキガの程度①耳垢の湿り具合や色

ワキガなのかどうかを見極めるためによく使われるのが、耳垢の状態を見る方法です。

ワキガの可能性が低い方の耳垢は乾燥していることが多いですが、ワキガの可能性が高い方が耳かきをしたときは綿棒が湿ったり、黄色く粘り気のある耳垢が取れたりします。

特に重度の方は粘度の高いドロドロとした耳垢が発生しやすいです。

ワキガの程度②衣服の脇の部分に黄ばみがあるかどうか

ワキガの特徴の1つとして、服の脇の部分に黄ばみができやすいという点があります。

この黄ばみは、汗腺から分泌される汗に含まれる「リポフスチン」という色素成分が原因ですが、この「リポフスチン」は洗濯などで落ちにくく、黄ばみとして衣服に残ってしまいます。

軽度の方だと多量に汗が出たときなどに黄ばみがつく程度ですが、中度や重度になると頻繁に黄ばみがつくため、黄ばみを気にして色残りが目立つ服は着ないという場合もあるでしょう。

ワキガの程度③ワキガのニオイの種類

ワキガのニオイは「硫黄臭」「スパイシー臭」「脂肪酸臭」の3つによって構成されており、いわゆる「汗臭さ」とは異なるニオイを発生させています。

「硫黄臭」とはツンと鼻につくような生臭いニオイ、「スパイシー臭」とはカレーの香辛料のようなニオイ、「脂肪酸臭」とは古い雑巾のようなニオイのことですが、ワキガのニオイを示す表現はさまざまです。

たとえば鉛筆の芯のようなニオイがする、玉ねぎのようなニオイが強いなどとも言われます。

ワキガの程度④ガーゼやラップなどを脇に挟んでみる

実際に脇にガーゼやラップ、ティッシュなどを挟み、そのニオイで判断するという方法もあります。

軽度であれば鼻にガーゼを近づけたときにニオイを感じる程度ですが、中度や重度の場合は鼻から離れたところでもニオイに気づきます。

病院でワキガの診察を行う際には、このガーゼを使った方法がとられることが多く、複数人でニオイを嗅ぎ、程度がどのくらいなのか判断されます。

しかし、この方法を病院に行かず自宅で行い、採取した自分の臭いを専門家に測定してもらう方法があります。

それが、郵送型体臭測定キット「odorate(オドレート)」です。

自宅で簡単体臭測定キットとは?

自分の体臭について、誰にも相談できず一人で悩んでいるという人にはぜひ郵送型体臭測定キット「odorate(オドレート)」の利用をおすすめします。

専用のTシャツを1日着用し普通の生活をしてもらい、そのTシャツを送り返すだけで簡単に体臭チェックができます。

自分の臭いが他人からどう思われているかなど、臭いのプロである臭気判定士がチェックします。

また、臭いの種類や発生部位などを詳細に分析します。

自分の体臭に合わせた改善策やケア方法の提案もしますので、すぐに対策ができます。

自分の体臭の程度を知り、専門家のアドバイスを取り入れて効果的に体臭ケアをしてみましょう。

体臭測定キットodorateをチェック!

ワキガの原因と対策

ワキガの原因と対策

ワキガは「アポクリン腺」という汗腺が活発に働くことによってニオイの発生につながりますが、その程度は人や年齢によって大きく異なります。

中学から高校のときには強く臭っていたけれど、大人になってからは比較的落ち着いてきたという方もいることでしょう。

また、ワキガは遺伝的な要素も強く、両親がワキガだと約80%の確率でワキガになるとも言われています。

対策方法も程度によって異なり、軽度であれば市販の臭い対策グッズを使えば問題ない方もいます。

ですが、重度になると市販グッズだけでは解消できず、手術を検討する必要も出てくるでしょう。

下記では、ワキガの原因や対策についてさまざまな情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分のワキガの程度を知り、正しい対策をしよう

ワキガの程度についてご紹介しましたが、実際にどのくらいの程度なのかは自分だけでは気付けないこともあります。

特に重度だと、自分のニオイに慣れてしまって周囲への影響に気付かない可能性も考えられます。

自分のニオイがどの程度なのか、ご家族に聞いたり、病院で診断してもらったり、体臭測定キット「odorate(オドレート)」で専門家の客観的な意見も取り入れたうえで、正しい対策を行うようにするとよいでしょう。

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

体臭のお悩み解決オドレート

体臭を客観的に評価

  • 周囲がどう感じているか知りたい。
  • 周りから臭いと思われていないか?
  • 何か対策した方がいいのか? 
     

個人別のケア方法をお届け

  • どんなケアをすればいいかわからない。
  • 今使っているケア用品は効果があるのか?
  • 自分の体臭に合うケア方法が知りたい。
     
Tシャツを着るだけの簡単計測で、体臭を数値化したレポートとケア方法をお届けします。
ワキガ治療を受けるか悩む方へ
ワキガ治療の判断は確認キットで
ワキガ治療の必要性を
専門の確認キットでチェック