ワキガ

ワキガを「切らない」で治す。相場や施術方法を紹介

ワキガの治療法では、重度の場合には切開して汗腺を取り除く術式がとられ、軽度の場合にはカウンセリングのもと生活指導や注射・服薬などが行われ、症状の重さによってその内容はさまざまです。もちろん、体にメスを入れることなく治療できればそれに越したことはありません。そこで「切らない」タイプの治療にはどのようなものがあるのかを調べてみました。

続きを読む

ワキガ体質でもポリエステルの服が着たい!臭わせないための対策

今ではたくさんの衣類に用いられている化学繊維のポリエステル。素材の軽さや耐久性に優れたポリエステルの服は、ファッションアイテムとしても欠かせないものとなっています。しかし、綿素材などに比べて汗や皮脂の吸収、通気性がよくないためワキガの臭いを強くしてしまう可能性があります。 そこで今回は、「ワキガ体質でもポリエステル素材を着たい!」という人でも安心して着られるよう、着用時から洗濯までの適切な方法をご紹介します。

続きを読む

レーザー脱毛をすればワキガ臭が減る?汗腺に与える影響とは

ワキガ体質の人にとって、臭いの元となる汗が付着してしまうわき毛は何とかしたいもの。とくにファッションや美容を気にする女性にとってワキ毛の処理は必要不可欠でしょう。脱毛にはさまざまな方法がありますが、なかでも医療用のレーザー脱毛は本来の脱毛効果に加え、ワキガの症状を軽減する効果があるのでは、とうわさされています。
今回は、ワキガ対策として、レーザー脱毛はどれほどの効果が期待できるのかを探ってみました。

続きを読む

日本人はワキガ体質が多くなってきている?文化と遺伝の関係とは

日本人は外国人に比べ、体臭はそれほど強くないとされていました。しかし、近年食生活が欧米化してきたために体臭が強くなってしまう傾向にあります。加えて、国内では「香害」というワードが飛び交うようになり、臭いに関する問題意識も高まり敏感になってきています。
このようなことから「日本人にワキガ体質が増えている?」と思われている方も少なくありません。今回は、日本人と外国人の臭い・文化の違いから、ワキガのような強い臭いになってしまう原因など紹介します。

続きを読む

ワキガ体質にはミョウバンがおすすめ!効果的な使い方とは

誰しも体臭はあるものの「通年で制汗剤が手放せない」というワキガ体質の人にとっては、デオドラント用品にコストがかかりがち。市販品でも優秀なものはありますが、ミョウバンを一袋購入すれば、制汗スプレーや体臭予防できる入浴剤など、市販品に負けない手作りデオドラント用品ができます。
「毎回、ワキガ対策で市販の制汗剤を使うのは経済的にどうも」という場合に、一度ミョウバンを試してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

急になる!?後天性のワキガについて

汗臭いとは異なり、鼻に付く独特のにおいのワキガ。自分も他人も不快な気持ちになりますよね。
遺伝と思われがちなワキガですが、実は急になることもあります。まずはワキガのメカニズムを知り、ワキガには先天性と後天性の2種類があることや、ワキガのセルフチェック法、食生活がワキガを悪化させてしまうことを知りましょう。

続きを読む

ワキガ体質の臭いは菌の影響も大きい!清潔に保って改善しよう

人の皮膚には、常在菌と呼ばれるさまざまな細菌が住みついています。これらは普段、皮膚を守る働きをしていますが、発汗など特定の条件がそろうと強い刺激臭を発生させる原因にもなります。またワキガ体質の人には、特定の菌が多く住みついていることがわかっています。そのため、臭いのもととなる細菌の繁殖を抑えることが、ワキガ対策の第一歩となるでしょう。今回は、ワキガ体質の人はとくに知っておきたい、菌の種類や汗との関係についてご紹介します。

続きを読む

片方だけワキガの臭い?左右非対称の原因を探る

ワキガ体質のような独特の臭いが、片方のわきからだけ発生することもあります。その理由が何なのかは、気になるところですね。ただその場合はワキガではなく単に片方だけ発汗量が多い、あるいは軽度のワキガというケースも多いです。また、精神性発汗が原因であることも。
今回は、片方からワキガ体質のような臭いがしてしまう理由やケアの方法についてご紹介します。

続きを読む

郵送体臭検査キット
客観的な評価→最適なケア方法提案
郵送体臭検査キット
体臭評価→最適なケア方法提案