その臭い、要注意!体臭が魚臭いときはどうしたらいい?

この記事を読まれている方は、体から魚の腐ったような臭いがしていることに、ご自身で気づかれたり、周囲に指摘された方なのではないでしょうか。

体臭には加齢臭やワキガ等、様々な種類がありますが、そのいくつかには病気を患っているサインの場合があります。

この記事では、体臭が魚臭い原因と対策方法をご紹介していますのでぜひ参考にしてください。

体臭が魚臭いときは内蔵が弱っていたり病気の可能性が

体臭が魚臭い時は、内蔵が弱っていたり病気の可能性が高いです。

魚の腐ったような体臭がする病気の代表的なものが、トリメチルアミン尿症で、日本名は「魚臭病」と言います。

魚臭病は、食べ物が体内で消化される過程でトリメチルアミンという強い臭気物質が発生しますが、通常は肝臓で分解されるため体臭となることはありませんが、肝臓の機能に問題があってトリメチルアミンがうまく分解されないと、魚の腐ったような強烈な体臭となってしまいます。

ただ、この病気は世界でも数百人しかいない非常に珍しい病気ですので、体臭が魚臭いような気がしたとしても、この病気である可能性は低いでしょう。

そのほかにも、胃腸の調子が悪いときに口臭が腐敗臭のような臭いになることがあります。
胃腸のはたらきが低下すると、胃もたれを起こすと同時に魚の腐ったような臭いが発生してしまうのです。

人間は、血流が悪くなったり、便秘で老廃物がうまく排出されいだけでも、腐敗臭のような臭いがしてしまうことがありますので、体臭を気にされる方は日々の健康管理にも注意するようにしましょう。

身体の調子が悪くなると、なぜ体臭が強くなるのか

身体の調子が悪くなると、なぜ体臭が強くなるのはなぜでしょうか?

通常、胃をはじめとする腸内環境は、いわゆる善玉菌と悪玉菌がバランスをとることによって成り立っています。

善玉菌が優位に立っているときは、食べた物もスムーズに消化されますが、食べすぎや睡眠不足などで腸内環境が乱れると、悪玉菌が増えて食べた物がうまく消化されず腸の中に残り、体外に排出されないため、魚臭さや腐敗臭といった臭いの原因となってしまうのです。

結果、腸内で発生した臭気物質は、そのまま吸収されて血流に乗り、全身にまわり、皮膚から発散されるガスとなって不快な体臭が発生してしまいます。

魚臭い体臭への対策方法は腸内環境を整えること

魚臭い体臭の対策には、アルカリ性食品の摂取や、悪玉菌を増やさないように、腸内環境を整えることが大切です。

肉や魚などのたんぱく質や脂質の過剰な摂取を控え、善玉菌を増やすため食物繊維を多く含んだ野菜や海藻といった食品を積極的に摂るようにしましょう。

腸内環境は弱アルカリ性なので、肉などの酸性の食品ではなく、梅干しや、ワカメやヒジキのような海藻や、ホウレンソウやニンジンのような緑黄色野菜などのアルカリ性の食品を摂ることによってよい腸内環境が保たれます。

緑黄色野菜には、カラダが錆びるのを防ぐ抗酸化作用のあるビタミンCも多く含まれていますので、積極的に体内へ取り入れるようにしましょう。

また、代表的な善玉菌である乳酸菌も腸内環境を整えるのには有効ですが、乳酸菌を多く含むヨーグルトやチーズはたんぱく質も多いため、摂りすぎると逆に体臭の原因にもなってしまいます。

食事全体のバランスを考えて、上手に摂るようにしましょう。

■体臭改善のための食事については、次の記事も参考にしてください。
体臭を防ぐ食べ物とレシピ/体臭と食べ物の関係とは。においの原因・改善できる食事法も紹介

まとめ

体臭が魚臭いと感じたときには、内臓に負担をかける食生活になっていないかを振り返ってみてください。

もし自覚がある場合は、今日から腸内環境を整える食品を取り入れるような食生活に変更されてみてはいかがでしょうか。

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

体臭のお悩み解決オドレート

体臭を客観的に評価

  • 周囲がどう感じているか知りたい。
  • 周りから臭いと思われていないか?
  • 何か対策した方がいいのか? 
     

個人別のケア方法をお届け

  • どんなケアをすればいいかわからない。
  • 今使っているケア用品は効果があるのか?
  • 自分の体臭に合うケア方法が知りたい。
     
Tシャツを着るだけの簡単計測で、体臭を数値化したレポートとケア方法をお届けします。