加齢臭を消すことはできる?原因物質を抑える方法

40~50歳になると気になってくる「加齢臭」。
男女ともに現れる強い年齢臭のため、消したいという方も多いでしょう。

しかし、この体臭は完全に消すことはできるのでしょうか。

ここでは加齢臭が発生するメカニズムや対策を紹介していきます。
加齢臭に悩む人は必見です。

加齢臭を根本から消すことは難しい?

結論から言うと、加齢臭が発生するのは加齢とともに変わっていく体質によるため、根本から消すことは難しいです。

ですが、臭いのメカニズムを知ることで適切な体臭対策はできるので、まずは加齢臭が発生するメカニズムを知りましょう。

加齢臭が発生するメカニズム

肌を乾燥から守るために皮脂が分泌されますが、40代以降はパルミトレイン酸という脂肪酸が皮脂に含まれてきます。

これが皮膚常在菌によって分解・酸化すると、加齢臭の原因である「ノネナール」という臭い成分に変化します。

ノネナールはロウソクや枯れ草、古い油のような臭いに似ており、これが加齢臭と呼ばれています。

皮脂は肌を守るためにあり、男女共通して分泌されるものですが、女性よりも皮脂量の多い男性の方が、加齢臭に悩まされやすい傾向があります。

加齢臭は「消す」よりも「抑える」アプローチが重要

加齢臭を消すことは難しいため「抑える」方向で何らかの対策をとっていくといいでしょう。

それでは、具体的な対策方法を紹介します。

ノネナールの原因である皮脂を取り除く方法

加齢臭を抑えるためには、ノネナールが発生する原因である皮脂のケアがポイントになります。

①髪をしっかり洗う 頭皮は皮脂が多いため、しっかりとシャンプーを泡立て、頭皮をマッサージするように洗いましょう。

加齢臭を消すことはできなくても、皮脂腺が特に多い頭部を念入りに洗うことで臭いを抑えることができるでしょう。

加齢臭対策シャンプーを使用すれば、より効果的です。

②朝晩のシャワーや入浴 朝のシャワーは、就寝中にかいた汗や分泌された皮脂を洗い流すことができるため、汗をかきやすい夏場にはおすすめです。

また、夜はゆっくり湯船に浸かり、汗をかき毛穴に詰まった皮脂まで洗い流すことで臭いの軽減につながるでしょう。

③ボディペーパーなどで拭き取る 日中のケアとしておすすめなのがボディペーパーです。

皮脂を放置すると酸化するので、こまめに拭き取ることで、ノネナールの発生を抑えられます。

消臭グッズなどでノネナールの臭いを抑える方法

皮脂のケアを行っていても、加齢臭が発生してしまうことはあります。

その場合には、一般的には消臭グッズと呼ばれるものでノネナールの臭いを体の外側から抑えるアプローチを取りましょう。

①デオドラントスプレー デオドラントスプレーには殺菌消臭成分が含まれており、ノネナールが発する加齢臭を手軽に抑えることができます。

加齢臭対策向けのデオドラントスプレーを使うとなお良いです。

2消臭クリーム 消臭クリームも仕組みはデオドラントスプレーと同じく、殺菌効果により臭いを抑えるというものです。

皮脂が多い部分に直接塗布でき密着力も高いため、消臭効果に期待できます。

3香水 香水の香りで加齢臭をマスキングする方法も有効です。

ただし、加齢臭と相性が悪いといわれているクリーミーな甘い香りは避けましょう。

柑橘系やハーブ、ラベンダーなど爽快感のある香りがおすすめです。

加齢臭に香水を使っても大丈夫?相性の良い香りと正しい付け方を紹介

④ミョウバン ミョウバンは、昔から汗や体臭対策として用いられてきたもので、高い制汗・防臭効果があります。

市販の粉末ミョウバンを水に溶かし、スプレー容器に移して気になる部分に吹きかけましょう。

また、湯船にミョウバンを溶かして入浴するのも効果的です。

ミョウバンで加齢臭とサヨナラ!手軽にできる加齢臭対策をご紹介

衣類や寝具にノネナールを蓄積させない洗濯方法

皮膚ガスであるノネナールは、衣類に臭い移りしてしまうこともあります。

また、加齢臭を発する皮脂汚れが衣類に蓄積すると、臭いを消すのも一苦労です。

そのため日頃から衣類や寝具を清潔にすることも重要です。

皮脂汚れを浮かす煮洗いがおすすめですが、最も手っ取り早く確実な対策は、脱衣したあとに放置せずすぐ洗濯することです。

また、ジャケットなど洗濯機で洗えない衣類は消臭スプレーを活用し風通しの良い場所で陰干しし、布団カバーやシーツなども定期的に洗って皮脂汚れを蓄積させないよう心がけましょう。

とくに頭部やうなじの皮脂腺は枕に接触しやすいので、タオルを一枚敷いて枕本体を臭わせないよう工夫するのもおすすめです。

加齢臭は衣類からうつる?原因の皮脂汚れを落とす洗濯方法

体質を改善する

体臭は食べ物の影響も大きいため、食生活の改善によって加齢臭を抑えることができます。

とくに有効なのが、ビタミンCやビタミンEなど抗酸化作用を持つ食品の摂取です。

皮脂の酸化を促す活性酸素の発生を抑えてくれるので、加齢臭防止に効果的が期待できます。

ビタミンCはほうれん草や小松菜・オレンジ、ビタミンEはアーモンドやヘーゼルナッツ・唐辛子に多く含まれています。

少量でもいいので、定期的に摂取できることが理想です。

加齢臭は食べ物で対策!ニオイの原因を抑制しよう

「消す」ではなく加齢臭は「抑える」、ポイントは酸化を防ぐこと

加齢臭を完全に消すことはむずかしいですが、発生するメカニズムを知り、適切な対策を行うことで抑えることができます。

さまざまな対策をご紹介しましたが、重要なのは体を清潔に保ち、皮脂の酸化を防ぐことです。

できることから始めていきましょう。

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

体臭のお悩み解決オドレート

体臭を客観的に評価

  • 周囲がどう感じているか知りたい。
  • 周りから臭いと思われていないか?
  • 何か対策した方がいいのか? 
     

個人別のケア方法をお届け

  • どんなケアをすればいいかわからない。
  • 今使っているケア用品は効果があるのか?
  • 自分の体臭に合うケア方法が知りたい。
     
Tシャツを着るだけの簡単計測で、体臭を数値化したレポートとケア方法をお届けします。