体臭は香水で防げる?「香害」にならない使用方法

自分の体臭が気になる時に、香水でなんとかカバーしようと試みたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、香水を使ったからといって、体臭との相性や付け方で、香水が逆効果をもたらすこともあります。
香水文化があまり根付いていない日本では、香害のようなマイナスイメージを持たれる可能性も。

今回は、体臭と香水の関係や使い方についてご紹介します。

香水で体臭はごまかせるの?

香水と体臭の混ざった臭いに慣れてない人が多い日本では、

結論からいうと、香水には消臭効果はありませんので、香水はデオドラント用品の代わりにはなりません。
香水と体臭の混ざった臭いに慣れてない人が多い日本では、むしろ体臭の強さによっては、臭いを引き立ててしまう可能性があります。

元々香水というのは、ヨーロッパを中心に栄えてきた文化です。

欧米人は生まれつき体臭が強い傾向にあったため、体臭をカバーする為の香水文化が根付き、体臭や香水の匂いに対して寛容な部分があります。

しかし、野菜や魚中心の食生活を送っていた日本人は、食生活の違いからか欧州人ほどワキガ体質も少なく体臭も強くなかったため、香水を使って隠すという文化があまり根付いていませんので、体臭をごまかすための香水の匂いは、臭いや迷惑と感じる方も少なくありあせん。

香水が香害になる原因

日本人は臭いに対して敏感な部分があり、繊細な嗅覚を持つ日本人が体臭対策のために香水を使うと、様々な問題を引き起こす恐れがあります。

体臭対策で香水を使うことで逆効果になってしまうケースをご紹介します。

香水のつけすぎ

香水の匂いに慣れていない日本人は、しばしば香水をつけすぎてしまいます。

少量でしっかり香るのが香水の特徴、しかしそれを理解しないでベタベタとつけてしまい強烈な臭いを発してしまうことが多いです。

満員電車やエレベーターなどの、密閉された狭い空間に香水をつけた人間が立っていると、臭いが充満して周囲の人の迷惑になることもあります。

香水で体臭を解消するどころか、余計に臭いを引き立たせてしまうというケースも珍しくありません。

香水との相性が悪い

香水の種類によっては、体臭と相性が悪い場合もあるので注意が必要です。

一般的に香水は、人間の体臭と混ざり合うことによって匂いを変化させます。

PH数(肌の酸性度)によって香りが変化するので、同じ香水を複数人で使っても全員が同じ匂いにはならない、ということです。

体臭で悩んでいる方の香水の楽しみ方

体臭が強い方でも、香水を楽しみたいですよね。

この章では、体臭で悩んでいる方の香水の楽しみ方について記載します。

軽めの臭いの香水を選ぶ

体臭を隠すために香水をつけるとき、できるだけ香りが強くない香水を使うようにしましょう。

つける量にもよりますが、オーデコロンやオードトワレ、オードパルファムは香りの濃度が低めなので、体臭が気になる人が使っても、香害を起こすことは少ないでしょう。

つける前は肌を清潔に

香水をつける際は、必ず体を清潔にしてからにしましょう。
清潔な体に香水をつけることによって肌なじみも良くなりますし、汗や皮脂と混ざりあうことがなくなります。

香水をつける部位は、うなじや手首がおすすめです。
周囲にさりげない香りを振りまけるよう、量は控えめにしましょう。

まとめ

香水をつけたからといって、体臭が帳消しになるわけではありません。

体臭と喧嘩しないよう、香水は濃度の低いものを選び、周囲に香害やスメハラと感じさせないようにしましょう。

つける部分や量に気を付けて、体臭を魅力的にできるようにしてください。

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

体臭のお悩み解決オドレート

体臭を客観的に評価

  • 周囲がどう感じているか知りたい。
  • 周りから臭いと思われていないか?
  • 何か対策した方がいいのか? 
     

個人別のケア方法をお届け

  • どんなケアをすればいいかわからない。
  • 今使っているケア用品は効果があるのか?
  • 自分の体臭に合うケア方法が知りたい。
     
Tシャツを着るだけの簡単計測で、体臭を数値化したレポートとケア方法をお届けします。
体臭でお悩みの方は
体臭測定キットで原因特定
体臭でお悩みの方は
体臭測定キットで原因特定